• ソウル瑞草区瑞草大路347、6階・8階・10階・14階(瑞草洞、瑞草クロバタワー)
  • lin@law-lin.com
  • 02-3477-3003

新韓金融投資ライム事件の救援投手、イ・ヨンチャン代表、ライム事件以外にも繰り返される投資家被害、信頼回復は難しい(リバティー・コリア・ポスト

イ代表就任後も新韓金融投資が販売した商品による投資家の被害が相次いでいる。
新韓金融投資の頭痛の種、ジェンツー、新韓名品プレミアムファンドラップ、ザ・ドリューラスベガスホテル開発DLS
機関投資家はローファームを活用し、素早い法的対応···個人投資家は?

新韓金融投資の商品に投資した投資家たちが依然として被害を受けていることが分かった。ライム事件などで危機に瀕した新韓金融投資の救援投手として登板した李永昌(イ・ヨンチャン)代表に対する信頼も共に揺らいでいる。

 

昨年3月、ライムファンドやドイツのヘリテージDLSなどの投資家の損失に対する責任をとって退いたキム・ビョンチョル新韓金融投資代表の後任として、イ・ヨンチャン代表が就任した。就任当時、イ代表は「これまで積み重ねてきた多様な経験と金融危機前後の現場と経営支援責任者として体得した危機管理ノウハウで、困難に直面している新韓金融投資が早期に顧客信頼を回復するよう最善を尽くす」と述べていた。

就任後、投資家保護部署を新設するなど、失われた信頼回復に努めていたが、容易ではない。イ代表就任後も新韓金融投資が販売した商品により投資家の被害が続いているためだ。

9日、金融投資業界によると、ライム事件以後も買い戻しが延期されたり損失処理された件としては、ジェンツーファンド、豪州売上債権派生結合信託(DLT)、新韓名品プレミアムファンドラップ、ザ・ドリューラスベガスなどがある。

 

◆新韓金融投資の頭痛の種、ジェンツ、新韓名品プレミアムファンドラップ、ザ・ドリューラスベガスホテル開DLS

昨年7月、新韓金融投資が販売したジェンツーファンドで問題が発生した。香港系私募ファンド(PEF)運用会社、ジェンツーパートナーズがレバレッジ構造の債券型私募ファンド「KSアジア・アブソリュート・リターン・ファンド)などの買い戻しを12カ月間中断すると通知したのだ。

コロナ19で海外債券価格が急落したのが原因と分析される。

国内銀行、証券会社などでのジェンツーファンドの販売分は約1兆3000億ウォンで、このうち新韓金融投資は約4200億ウォン分を売った。

同年8月には新韓金融投資が販売したオーストラリア商取引売上債券に投資する「デリバティブ信託」が買い戻された。当時、買い戻し延期規模は300億ウォンであり、現在は返済が完了した状態である。

10月にも新韓金融投資が販売した米国の小商工人貸出債券に投資する「新韓名品プレミアムファンド・ラボ」も延期され、新韓の信頼が地に落ちた。

当時新韓金融投資は「2020年11月10日が満期のこの商品で6ヶ月償還が遅れる事態が発生した」と話した。昨年11月10日基準で、元金返済満期分は119億ウォンだ。

新韓金融投資は、該当商品を2019年5月から同年11月にかけて、計4回に渡り、95人の投資家に対し、247億ウォン規模で販売したことが分かり、買い戻し延期の規模はさらに膨らむ可能性もある。

今年2月には新韓金融投資が販売した「ザ・ドリューラスベガスホテル開発のDLS」商品が全額損失処理された。

ザ・ドリューは事業誘致当時、3兆ウォン規模の価値と評価されたが、コロナ19とホテル景気が悪化し、今年1月基準で1兆2000億ウォンに下落し、結局、第3者にホテル所有権が売り渡された。

現在まで、新韓金融への投資を通じて派生結合証券やDLSの形で、ザ·ドリューに投資してきた個人は約40人であり、投資金額400億~500億ウォンといわれている。

就任前のドイツ・ヘリテージDLSとライムファンドまで合わせると、1兆2000億ウォンを超える。

新韓金融投資が販売した商品に投資し、被害を受けた顧客は「販売職員らは謝罪するが、理事会が買戻し年額前払いなどの決定を下すはずがない」と口をそろえた。

また「新韓金融は顧客に対し、どんなに大きな過ちを犯しても過ちを隠ぺいし、責任もなすりつけるよう職員を促している」とし「これに対し、職員まで理事会をベニスの商人のように受け止めている」と主張した。

新韓金融投資の関係者は<本紙>との通話で「該当商品はイ・ヨンチャン代表就任前に販売された商品で、新韓金融投資は顧客保護のために最善を尽くしている」と述べた。

この関係者は「ジェンツーの場合、香港の金融当局と連絡を取り解決策を講じている」とし「商品の満期がまだ残っており、補償などについて決定したところはない」と述べた。続いて「豪州売上債権のDLTはすでに償還が完了した」と付け加えた。

新韓名品プレミアムファンドとザ・ドリューラスベガスホテル開発DLSの場合は、「商品の満期が到来していないため、結果を待っており、顧客の被害を防ぐために最善を尽くしている」と述べた。

特にザ・ドリューラスベガスホテル開発DLSは私募ファンドであるため、主管社(JPモーガン、ゴールドマン・サックス、ドイツバンク、未来アセット大宇、NH投資証券)の通報を待っている」とし「資産運用会社が現地で法的対応中である」と説明した。

 

◆機投資家はローファームを活用し素早い法的対応···個人投資家は?

一方、国内の機関投資家らは投資主管を引き受けた大手証券会社を相手取って訴訟を提起している。

韓国内の主要共済会や現代自証券、放送局などは、法務法人 麟(LIN)を選任し900億台の訴訟を起こし、証券会社を通じて投資に参加した上場企業3社も同様に、「法務法人 ハンギョル」と「ハンヌリ」を通じ、400億ウォン(約400億ウォン)規模の訴訟を起こし、機関と共同対応に乗り出した。

法務法人 麟(LIN)の関係者は本紙の電話取材に対し、「当所は機関投資家の依頼で5月31日に訴状を受理した」とし「NH証券と未来アセット証券を対象に、時価は919億ウォンだ」と説明した。

これらの訴訟の対象となっている証券会社各社は、未来アセット証券やNH投資証券、新韓金融投資、ハナ金融投資だ。

法曹界では「個人投資家に残された方法は提訴以外にない」とし、「もちろん金融監督院の紛争調停委員会などで解決することもありえる。金監院の決定を見守る必要がある」と助言した。

 

リバティー・コリアポスト

イ・ファジョン記者

原文を見る▼

http://www.lkp.news/news/articleView.html?idxno=16492

Leave A Comment

All fields marked with an asterisk (*) are required