• ソウル瑞草区瑞草大路347、6階・8階・10階・14階(瑞草洞、瑞草クロバタワー)
  • lin@law-lin.com
  • 02-3477-3003

国際通商

貿易自由化トレンドにより、最近多くの国が自由貿易協定(FTA)の締結を通じて貿易を自由化し、国家間の貿易量が急激に増加するとともに、反ダンピング相殺関税セーフガードなどの貿易救済措置、貿易に関する法的リスクも比例して増加しています。特に大韓民国は産業と経済の発展により過去の貿易救済事件の被訴国の立場から、提訴国の立場へと変化する過渡期を経験しています。このような変化の途上において、韓国内外のほとんどの企業は、過去のいつよりも貿易関連法律的問題及び貿易救済調査のリスクにさらされており、各企業はより徹底した事前準備と発生事案に対して慎重に対応しなければなりません。

貿易救済事件についての諮問に成功するためには、貿易関連法律だけでなく、会計、産業などについての全般的な理解が必須であり、法務法人 麟(LIN)の国際通商チームは、企業間の反ダンピング、相殺関税など、関連貿易関連法律及び会計、産業について経験豊富なベテラン弁護士と会計士によって構成されており、▶国内外輸出企業のための反ダンピング相殺関税セーフガード調査諮問、▶国内生産者のための韓国貿易委員会貿易救済措置申請及び調査諮問、▶海外貿易救済調査手続きに関する対応諮問、▶貿易委員会に対する特許権侵害調査申請及び国際貿易規制班調査申請代理、▶-その他の反ダンピング、相殺関税調査関連諮問など、数多くの韓国内外の企業に対して高いレベルの諮問を提供しています。

法務法人 麟(LIN)、国際通商分野において顧客満足の極大化を原則とし、顧客の状況に特化した最適な諮問サービスを提供することをお約束いたします。

業務遂行実績

● 韓国貿易委員会による中国・インド産、台湾・タイ・UAE産、日本産PETフィルムに対する反ダンピング調査事件
● 韓国貿易委員会による中国・タイ・インドネシア産OPPフィルムに対する反ダンピング調査事件
● 韓国貿易委員会による台湾・イタリア産ステンレススチールバーに対する反ダンピング調査事件
● 米国商務省の韓国産Stainless Steel Coil、韓国産PETフィルム、韓国産Standard Pipe、韓国産OCTG、韓国産Pipe Fittingsに対する反ダンピング相殺関税事件
● カナダCBSAの韓国産Copper Pipe Fittings、韓国産Copper Pipeに対する反ダンピング事件
● インドネシアKADIの韓国産PETResinに対する反ダンピング事件
● ブラジル政府の韓国産TBRに対する反ダンピング事件
● マレーシア政府の韓国産ダンボールに対する反ダンピング事件