• ソウル瑞草区瑞草大路347、6階・8階・10階・14階(瑞草洞、瑞草クロバタワー)
  • lin@law-lin.com
  • 02-3477-3003

ユ・チャンハ米国弁護士

blog 1

ユ・チャンハ米国弁護士は1999年に勤務したHudson Advisors Koreaで不動産資産管理業務を皮切りに、その後は(株)ダウムコミュニケーション法務取締役、テクアンドロー法律事務所の外国弁護士、(株)ティモン法務室長を経て、経歴のほとんどをICT分野の法務に邁進してきました。代表的なものは、(株)ダウムコミュニケーションズの在職時にはメッセンジャー抱き合わせ販売に関するグローバルソフトウェア会社であるM社との公正取引法上の紛争を成功裏に解決し、テックアンドロー法律事務所在職時にはGDPRなどグローバルデータ規制の検討、国際ライセンス契約の検討と関連して顧客の業務を行ってきました。(株)ティーモン在職時には、会社の法務を総括しながら、米国Eコマース会社であるS社との投資及びライセンス契約関連紛争を成功裏に終結させ、大規模流通業法に関する公正取引委員会の調査及び審議にも対応した経験を持っています。その他にも、主に企業の法務を進めながら、M&Aの進行、様々な種類の韓国・英語による投資契約、業務提携契約、ライセンス契約などを検討してきました。

Phone Number:

02-3477-8695

Email:

学歴

Georgetown University Law Center, LLM, Master of Law

高麗大学校 法科大学 法学部(法学士)

経歴

前)(株)ティモン、法務室長

前)テックアンドロー法律事務所、外国弁護士

前)(株)ダウムコミュニケーションズ、法務担当取締役

前)Hudson Advisors Korea、アナリスト

現)ソウル地方警察庁サイバー捜査隊諮問委員

現)韓国CPOフォーラム 正会員

現)韓国放送通信法フォーラム正会員

資格

New York州弁護士

業務分野

グローバルデータ規制

国際M&A、投資、ライセンス契約

論文および著書

主な業務実績

  • 米国Eコマース社であるS社との投資及びライセンス契約関連紛争セット、(株)ティーモン
  • 大規模流通業法関連公正取引委員会の審議対応、(株)ティーモン
  • 韓国の大企業H社とのJV設立、ティモン化粧品事業部門の分社化、CB発行業務の進行、(株)ティモン
  • グローバルデータ、フィンテック、ヘルスケア規制検討、テクアンドロー法律事務所
  • グローバルソフトウェア会社M社とのメッセンジャー抱き合わせ紛争セット、(株)ダウムコミュニケーション
  • グローバルインターネットポータル会社であるG社、グローバル広告ネットワーク会社であるO社との検索広告契約交渉及び検討、(株)ダウムコミュニケーション
  • アメリカ子会社L社の売却をはじめとする各種M&A及び分社·分割進行、(株)ダウムコミュニケーションズ