• ソウル瑞草区瑞草大路347、6階・8階・10階・14階(瑞草洞、瑞草クロバタワー)
  • lin@law-lin.com
  • 02-3477-3003

【単独】米ザ·ドリューホテル発の「1300億ウォン台の訴訟戦」殺到(2021.5.27付けソウル経済

投資金全額損失共済会など
「所有権譲渡を知らせなかったから無効」
未来アセット、NH、信金投などに
早ければ今週中に訴状提出か

米国ラスベガスホテル開発事業のデフォルト事態で投資金全額を失った国内機関投資家らが、投資主管を引き受けている国内大手証券会社を相手取って訴訟を起こす。機関投資家らは今回の事態の核心として浮上した「不動産所有権譲渡制度(DIL)」条項を事前に知らせなかった点を理由に取引無効を主張している。

 

26日、投資銀行(IB)業界によると、米国の大規模リゾート開発事業プロジェクト「The Drew LasVegas」に投資した共済会や一般企業、放送局など国内機関投資家は、早ければ今週にも未来アセット証券とNH投資証券、新韓金融投資、ハナ金融投資を相手取って訴訟を起こすという。機関投資家たちが提起する訴価は1,300億ウォン規模に達する。

先に投資に参加した主要共済会や現代自証券、放送局などは法務法人 麟(LIN)を選任し、900億ウォン台の訴訟を準備している。

 

「ザ·ドリュー」プロジェクトは国内金融機関が主軸になって推進した計3兆ウォン規模の大型事業だが、未来アセットが代表主管を、NH投資証券やハナ金融投資は中順位のメザニンローン斡旋を担当した。

証券会社の不完全販売が今度の法的争いの核心事項だ。各機関は、昨年5月に期限付きの利益喪失(EOD)が発生してから6ヵ月が経ったため、DIL条項が投資契約に含まれていた事実を認めたと主張している。EODに備えるための質疑応答の過程でも、DIL条項について言及しなかったという。

投資金全額損失という最悪の状況を防ぐための主管社の対応が適切だったのかどいうかも争点だ。EOD発生直後、先順位の投資家であるJPモルガンは、国内証券会社に担保となっているホテルを、4,000億ウォンで買収する機会を与えた。しかし、9ヵ月間、意見をまとめることができず、追加投資が行われず、投資金は空中分解した。証券会社がウィットコープから5,000万ドル(約550億ウォン)規模のワラント(一定数の株式を合意した価格で買える権限)を受け取った事実を告知せず、やはり問題になっている。一種の「成功報酬」だが、機関投資家らは証券会社が無理に資金を集めた背景になり得たと主張する。

法務法人 麟(LIN)は「国内の代表金融機関が取引の危険性をきちんと告知せず、危険度の高い金融商品をきちんとした理解もなく販売したという点が問題になるとみられる」とし「金融商品販売と国際金融に対する金融界の誤った慣行が露呈したという点で意味がある」と述べた。

 

-出典:ソウル経済

-記事の原文を見る▼

https://www.sedaily.com/NewsView/22MIF0D3D8

Leave A Comment

All fields marked with an asterisk (*) are required